愛知県・刈谷市の不妊専門外来

女性の卵巣年齢を知るAMH(抗ミュラー管ホルモン)

不妊症治療領域で近年注目されてきているものに、AMH(アンチミューラリアンホルモン)があります。
発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンで、原始卵胞から発育する前胞状卵胞数を反映すると考えられています。

卵子の数には個人差が大きく、年齢と卵巣予備能(AMH値)は必ずしも比例しません。 
年齢が若くても、AMH値が低いケースは意外に多いので、不妊治療開始時にまずAMHを測る事が大切です。

AMHと卵巣刺激

年齢が高くAMH値が低い場合 治療が出来る時間が少なく、注射を打っても十分な効果がない為、簡易刺激法という、内服薬を使用しての穏やかな方法を選択する。
年齢が20代なのにAMH値が2.0以下の場合 早発閉経といい、卵巣機能が実年齢以上に衰えていて、最悪の場合は20~30代でも閉経が起こってしまう事があるため、治療を急ぐ必要があります。
年齢が若くAMH値がかなり高い場合 排卵が阻害され、卵巣内に多数の卵胞がたまり、月経異常や不妊原因となる多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)が疑われます。
卵巣を過剰に刺激しない様、刺激法を工夫し、採れた卵は凍結保存し、卵巣の状態を整えてから移植する必要があります。

年齢やAMH値の相関次第で、不妊治療の方法や、治療に費やせる時間が大きく変わってくるのです。

注意:AMH検査は卵巣予備能力の目安となりますが、妊娠を保証するものではありません。