エンジェルセミナー

これから不妊治療をしてみようとお考えのカップルや、治療のステップアップをお考えのカップルに向けて、説明会を行っています。

| エンジェルセミナー 前半の部

不妊治療の基礎知識(約60分)

対象:不妊治療を希望される、もしくは受けていらっしゃる方全般
自然妊娠のしくみを理解し、必要な治療について考えるための講座です。外来で行われる検査や、通院でできる基本的な不妊治療(人工授精)について、わかりやすく解説します。

| エンジェルセミナー 後半の部

ART(生殖補助医療)の可能性を探る(約60分)

対象:体外受精を希望する、または受けていらっしゃる方
体外受精胚移植における顕微授精や凍結融解胚移植の意義について、わかりやすく説明し、流れに沿って具体的な治療方法をご紹介します。


| 開催・参加について

開催:受付・お電話でお問い合わせください。
参加費:無料

予約:受付にお電話でお申し込みください。
※お申し込み人数が多数の場合、初回参加の方を優先させていただく場合がございます。
※カップルでのご参加、2回目以上のご参加も歓迎いたします。


| 胚保存期間及び凍結延長手続きについて

凍結の開始時

胚の凍結保存期間は、採卵日から2年間です。
期限が近くなりましたら、当院より「凍結延長手続きのご案内」を郵送させて頂きます。

更新手続きの方法

保存期間満了までに、凍結保存を延長するか廃棄するかを必ず当院へ連絡し、申請の手続きをして下さい。手続きの方法は下記のとおりです。

①凍結保存期間延長(更新)を希望される場合 受精卵 凍結延長申請書」をご記入の上持参して、凍結延長料(12,000円)を当院窓口にてお支払い頂くか、申請書送付と同時に凍結延長料をお振込み頂きます。
②凍結保存期間延長を希望されない場合 「受精卵 廃棄申請書」をご記入・捺印の上、当院へご持参もしくはご郵送下さい。

※保存期間を2ヶ月以上経過しても書類・更新手数料支払いの確認がとれない場合、
 保存更新の意思がなく、保存胚の所有権を放棄したものとみなし、胚は廃棄処分とします。
※2回目更新時からは手続きの書類は送りません。
 患者様の方から、延長もしくは廃棄の申請書を当院に請求してください。
※凍結期間は採卵日より最長5年間とします

患者様から当院への連絡義務

以下のような場合、早急に当院へご連絡をいただきます。
●連絡先(住所や電話番号)が変更になる場合
●離婚した場合や配偶者が死亡した場合
●夫婦の一方が行方不明になった場合
(行方不明の間、胚移植は実施できません。)

| 精子の冷凍保存について

人工授精・体外受精時に、患者様(ご主人様)の時間のご都合がつかない場合など、あらかじめ凍結保存しておいた精子を融解して使用することができます。
また、下記のような場合も精子凍結保存の適応となります。

①精子数が非常に少数または無精子症の男性
②化学療法や放射線治療が実施される予定の生殖可能な若年男性

(1)精子の凍結・融解後の使用法

凍結・融解により、精子の運動率が低下するため、人工授精では「洗浄濃縮AIH」体外受精では「顕微授精」等が必要になります。

(2)融 解

生前使用に限らせて頂きます。

(3)凍結更新

精子の凍結保存期間は1年です。更新希望の時は期限前に更新手続きをして下さい。
ただし、当院の都合により更新をお断りせざるを得ないことがあります。
※期限までに凍結更新手続きがお済みでない場合、精子を廃棄致します。

(4)凍結・融解・更新の費用

①凍結費用[凍結時 チューブ1本につき]¥12,000(消費税込)
 ※数回に分けて凍結する場合、凍結ごとに凍結費用が必要です。

②更新費用[チューブ1本につき]¥12,000(消費税込)

(5)凍結予約

精子凍結はすべて予約制です。前日までに必ず電話予約して下さい。 Tel.0566-27-4103
※月曜~金曜18:00以降、及び土・日曜祝祭日は対応できません。ご了承下さい。

-Welcome- ようこそ。
G&Oメディカルヴィレッジへ。