不育症の治療について

妊娠しても流産してしまう・・・。
一度の流産でも、その精神的ショックは大きいと思いますが、繰り返しであれば、そのショックは計り知れないものです。 当院では、不育症の治療のお手伝いもさせていただきます。

不育症とは

繰り返す流産・死産によって生児を得られない状態を不育症といいます。
また、3回以上連続する流産を習慣流産といいます。
流産は全妊娠の約15%におこり、習慣流産は1~2%、不育症は5%程度の頻度と推定されています。
流産の回数は女性の加齢によって上昇します。

不育症の原因

・子宮形態異常
・夫婦どちらかの染色体異常
・抗リン脂質抗体や抗核抗体の存在
・内分泌学的異常
・胎児染色体異常
・原因不明

諦めないでください

明らかな原因がなければ無治療でも2回流産なら80%、3回70%、4回60%、5回50%の方が次の妊娠で出産できるという研究結果がでています。
原因が判明するのはわずかで、半分以上が原因不明です。また以前と比べ不育症の研究は進んでいるとはいえ、不育症に対する確立された検査・治療法は残念ながらありません。それゆえ当クリニックでは保険診療が可能な必要最低限の検査のみを行い、保険が効かない高額で不必要な検査、効果の認められていない治療は行わず、患者さんの経済的負担を軽減します。
流産を繰り返す方の85%の方が最終的に無事に出産にたどりついています。
加齢が流産の一番のリスクです。早期に次の妊娠をすることが流産リスクの低下につながります。体外受精もひとつの方法です。
初期流産の多くは胎児の異常で起こります。あなたのせいではありません。
諦めないでください。1人で悩まず一度当クリニックを訪ねてください。
私たちスタッフ一同、あなたの笑顔をサポートいたします。

-Welcome- ようこそ。
G&Oメディカルヴィレッジへ。