診療料金について

不妊治療は、以前はよく「出口の見えないトンネル」に例えられました。
しかし、近年の急速な技術の進歩と医療機器の改良によって、かつてなら妊娠が難しかったカップルでも、期待が持てる治療法が開発されています。
特定不妊治療費助成金制度を活用すれば、経済的な負担も軽減できますので、是非一度ご夫婦でご相談にお越しください。

一般不妊治療(タイミング療法等)にかかる治療費・検査代・薬剤費は人工授精を除き、ほとんどが保険適用となります。
体外受精、顕微授精にかかる治療費・検査代・薬剤費は自費となります。

ARTに関する自費治療料金
人工授精 15,000円(税込)
体外受精-胚移植 約125,000円(税込)
体外受精-全胚凍結 約198,800円(税込)
顕微授精-胚移植 約176,000円(税込)
顕微授精-全胚凍結 約249,000円(税込)
精子凍結保存(1本につき) 12,000円(税込)
凍結延長料(1本につき) 12,000円(税込)
融解胚移植 91,000円(税込)
胚盤胞培養 25,000円(税込)

-Welcome- ようこそ。
G&Oメディカルヴィレッジへ。